MENU

自動車保険を安くする方法

自動車保険を少しでも安くする方法について紹介したいと思います。例えば自動車保険を安くする方法の一つ目として保険会社を選ぶというのが一番大切なことなのですが保険会社の中でも自動車保険をもっと安くすることが出来ます。例えば年齢や家族限定といった項目がありますが、年齢制限にすれば自動車保険が安くなります。また自動車保険には運転者制限をつけるだけで保険料が安くなるのです。限定がない自動車保険が一番高くて、年齢限定にした場合少し安くなり、年齢限定で運転者限定で、本人だけで30歳以上に限定した場合一番安くなると思います。それから自動車保険では無事故割引というものもあります。自動車保険の無事故割引では無事故でいれば等級が上がっていきますからずっと無事故なら保険料はかなり安くなっていくといわれています。最高で20等級までありますが、自動車保険会社によっては3等級から20等級の差が8万円というものもあります。

 

自動車保険を安くするには車両保険を無くすと安くなりますし、一般、限定などタイプがありますから自動車保険を安くしたいと思っている人は、一度車両保険をどうするか見直してみると意外と安くなると思いますので検討してみましょう。

自動車保険の等級

 

自動車保険の等級について紹介したいと思います。自動車保険の保険料というのは等級によって大きく違ってきます。契約をする場合に自分の等級によって自動車保険が割引になったり割り増しになったりします。例えば一番ランクの低い1等級の場合は自動車保険料が50パーセント割り増しになってしまいますし、そこから5等級までは自動車保険は10パーセント少なくなって割り増しになります。そして6等級というのは自動車保険料の割引も割り増しもない状態です。そして7等級から順番に20等級まで上がっていくのですが7等級で20パーセント自動車保険が割引になります。8等級では30パーセント割引になります。

 

そして最大で20等級まであるのですが20等級では60パーセント自動車保険が割引になります。自動車保険に入る場合において、等級はとても大切なことです。自分が何等級であるのか知る必要があります。等級は一年に1等級上がっていきますが、事故を一回すると3等級ずつ下がります。はじめて自動車保険に加入する場合は6等級からはじまって全年齢担保の場合は30パーセント自動車保険が割り増しになりますが26歳以上の場合は、割り増しも割引もないようです。

インターネットで自動車保険を選ぶ

インターネットで保険を選ぶ場合、具体的にはどうすればいいのかというと、まずは保険の一括見積もりをするといいかもしれません。例えば、車検証や今入っている自動車保険の保険証書、運転免許証を用意します。そして一年間の走行距離などをメモしておくと一括見積もりをする場合に便利です。インターネットで保険の一括見積もりをした場合には、簡単に色々な保険会社の自動車保険を比較することが出来ます。インターネットで自動車保険を比較すれば同じ保障内容でもどの保険会社の保険が安いのかわかります。

 

もしも自動車保険に加入する際にあまり急ぎではなくてゆっくりと自動車保険を探そうと思っている人はいろいろとまずは保険の資料請求をしてみるといいかもしれません。資料請求をすれば保険の内容がわかります。一括見積もりでは保険料を比較してそれであまり内容を見ないで保険に入ってしまうことがありますから時間があるならできるだけ保険会社に資料請求をしてから検討しましょう。インターネットから自動車保険に加入する場合もきちんと加入内容を理解したうえで不明な点などはコールセンターなどへ電話をかけて聞いて納得してからインターネットで自動車保険に入りましょう。